1.01.2021

明けましておめでとうございます

夏椿です

こんにちわ

4年ぶりのブログになります。

南阿蘇を離れて、

深く遠く過去に遡り・・・

違う世界へと旅に出ていたような時間でした

ささやかなことの愛おしさ

日常を送れることの楽しさを皆様と共有できれば良いなと思います








10.17.2016

東京 copseさんへコンフィチュールをお届けします

皆さんこんにちわ
阿蘇はススキが美しい季節になりました。

さて、10月20日から東京石神井にございますcopseさんにて
夏椿のコンフィチュールを販売して下さいます。
野生杏、デコポンマーマレード、ブルーベリー、ラズベリー&ルバーブ

贅沢な日常
saraxjiji+DANSKO展にて

先日、サラジジのデザイナーひろみさんが車を走らせ
ぷらりと
遊びにいらして下さいました。
9月に行かれたパリでの展示会のお話や、日常のお話
意識下にある、心のこと
小さな小さな違和感や、心地よいと感じることなど
・・・
濃密な時間はあっという間に過ぎていきました

素直な女性から生まれる日常着は
柔軟で軽やかです
会期中は、ワークショップ、美味しいベーグルの販売等もございます
気持ちの良い季節、足を運ばれて下さいませ




9.22.2016

フラワーエッセンス


お久しぶりです。

更新が滞ってしまい、ご心配をおかけしています

猛暑の夏から気がつけば秋

春の地震以降、阿蘇は村を離れる人が300人を超したそうです

生活道路が寸断されて、今までの生活を送るのは困難になり

我が家も数週間までお水も出たり出なかったり

大雨が降ると、茶色く濁って、湧き水の里である阿蘇にいながら

ペットボトルのお水での炊事が続いていました。

ご近所のお店も閉じられて、人の気配がなくなりひっそりとしています。

1人で暮らす寂しさもありながら

それでも、大好きな森での生活は、離れがたく

家族の仕事場がある関西へ、行ったり来たりをしながら半年近くが過ぎました。

阿蘇を出て関西へ来ると

まるで違う国に来た様に何事もなく生活が営まれていて

不思議な感覚です

心と身体がシンクロせず、少し地面から離れて歩いているような

ふわふわとした感覚での日々が過ぎていました。

今後の生活の場所をどうすれば良いのか

判断が出来ない状態が続き

ホットフラッシュ、肌荒れ、抜毛、乱視、肩こり等・・

一気に進んだ感じで・・実家の母曰く・・それはまさしく更年期!!

と笑っていましたが

これではいかんと、心身のリラックスを心がけるべくお気に入りの

ニールズヤードに行ってきました。

症状をお話していると、以前から気になっていた

フラワーエッセンス惹かれ、グラウディングを助ける

樹木の香りのフランキンセンスのフローラルウォーターと

ハニーサックルのエッセンスを購入してみました。

使用して、数日ですが

なんか良い感じです^^



今回選んだのは、ハニーサックル
negative
幸せだった過去にすがり思い出の中に生きています
positive
過去を手放して、現在に目を向け
未来を楽しみにします



ちなみにフラワーエッセンスのご説明

フラワーエッセンスは、花のエッセンス(エネルギーの特性)のみを水に転写し自然の力で活性化されたもので花の波動水ともいわれます。これはエッセンシャルオイルやハーブ製品と違い、植物の抽出成分などの物質的なものは含まれていません。花のエネルギーがもつそれぞれの性質が、私たち人間の感情や精神のパターンと呼応し、ショックやトラウマから生じた心のバランスの乱れを調整して、癒してくれるというものです。

 フラワーエッセンスの歴史は古く、一説には有史以前から伝え用いられてきたと言います。近年になり、フラワーエッセンスを花療法として体系づけたのは、1930年代のイギリスの著名な細菌学者であり、ホメオパシーの医師でもあったエドワード・バッチ博士です。当時7種類の細菌からワクチンを開発しホメオパシー医療の分野で世界的に貢献した博士が、20余年にわたる治療経験とその研究の結果たどり着いたのがシンプルで身体に全く害のないフラワーエッセンスを用いた治療法です。博士は治療の一環として患者さんの性格や感情の移り変わりなどを調べ、人間のタイプ別にかかりやすい病気や、適した薬があることを発見しました。また博士は、人が全く幸福感に満ち、心に心配や不安、傷などがなくバランスがとれていれば病気になることはなく、溌剌としたエネルギーに満ち実質的で力強い人生が送れると言っています。この考えは多分に東洋的であり日本人の私たちには非常に受け入れやすい概念です。バッチ博士が開発した38種類のフラワーエッセンスが現在バッチレメディとして知られ、世界中で広く愛用されています。

フラワーエッセンス普及協会からの引用です。


7.17.2016

focus




どこに焦点を当てるか
一瞬で
救われる時もある、ね






6.03.2016

アプリコット 6月の阿蘇



昨日南阿蘇へ戻りました
通称グリーンロードを通って自宅へ
運転しながら写真が撮れなかったのが残念な位
それはそれは、美しく圧倒的な緑の絨毯が広がっています
例年に比べると
車も人も少なく、ご近所さんも一時避難されていたり
引っ越される方もおられて
少し寂しいですが
その分、自然の生命力をよりいっそう身近に
偉大に感じます


6月の始め、
南阿蘇は揺れる緑の木々と鳥の囀りが響き渡り
心地よい風が吹いています

さて
ブルーベリーでお世話になっている風流さんの無農薬アプリコットで
楽しみにしていたジャム作りです


5.23.2016

お礼と近況

熊本地震からひと月が経ちました。より御礼申し上げます。ほんとうにありがとうございました。
ご心配頂きました皆様、本当にありがとうございます。
そして、被害に遭われた皆様、避難されていらっしゃる方。
家には戻れたけれど、度重なる余震や今後の事で
不安な日々を過ごされていらっしゃる方。
先ずはどうか安心して、ぐっすりと眠りにつく事が出来ます様に

我が家も、地震の影響で家の中は様々な物が倒れ、壁にはヒビが入り、
玄関と家の間には隙間があり、家ごと数センチ移動したのだと
衝撃の強さを改めて感じています。
生活道路である阿蘇大橋が崩落し、市内へと繋がっていた俵山トンネルも
通行止めの状態です。

昨夜、ひと月ぶりに南阿蘇の自宅に一時帰宅しました。
濁りのない、透明感のある空気
圧倒的な木々の緑と鳥の声
阿蘇に帰って来たと、身体中が喜びで溢れました

地震の数日前に家を出た時は桜がそろそろ終わりかなという頃だったのが、
紫陽花が色づきはじめ、梅の実も膨らみ始めています。
新緑の柔らかな草木は成長し、初夏のような日差しを受けてキラキラと
空へと向かって、気持ち良さそうです。


これからのこと、住まいのこと
どうするか、どうしたいか・・・
焦る気持ちを鎮めて、自分の心をよく聞いて
一つづつ、進んでいきたいと思います

今回の地震の後
様々な方々からご心配のお声を頂いておりました。
ブログの更新が遅くなり、申し訳ありませんでした。
熊本に戻り、肌で感じ、実際にこの目で現状を確認するまでは
言葉にする事ができませんでした。
お礼が遅くなりましたが、皆様の温かなお気持ちに励まされ
力を頂いておりました。
心からの感謝を込めて

夏椿 山本桂