11.08.2013

選択すること







ここ最近、今までのレシピを今一度見直してみようと
お菓子を焼いています。
去年、自分が感じた美味しいと
今の自分が感じる美味しいはちょっぴり違っているように感じるからです。

根本的な考え方は変わりませんが
今までよりも
その時自分が選ぶ感覚を大切にしたいなと思います。


阿蘇へ移り住んだ4年前、かなり厳粛なマクロビオティックのお食事を
続けていました。
もともとの、潔癖性の性格が顔を出して
動物性の食材をとらないだけではなく、
高野豆腐の中に含まれている柔軟剤が気になって、
長野にある昔ながらの凍り豆腐を作るお店から取り寄せをしたり、
添加物の表示内容を一つ一つ調べたりと
今思うと、固〜いオーラを出していたような^^
柔軟さに欠けていたなと思います。

そういう苦い思い出も含めて
今は知恵の一つとして良しとしていますが、
先人の言葉通り

過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・
という一面も大いに感じた経験があります。



不思議なもので、阿蘇に住み始めて一年たった位から
食生活にも変化があらわれ、
心の変化と身体の変化を感じながら
少しずつ、動物性の食事を取り入れるようになりました。

今では、阿蘇の放牧牛の赤身を頂く事も、新鮮なお魚を美味しく頂く事も
ごく自然な日々の食事として楽しい時間を過ごしています。

物事は変化していくものだなあと、ふんふんふんと自分でも
面白いな〜と感じています。





夏椿でお作りしているお菓子は
植物性のオーガニック素材を使用しています。
ただ、声高にお話する事はあまりしません。
オーガニックである事や、植物性の素材である事が
目的ではないからです。


身体に負担が少ない、安全な食べ物をお届けしたいという想いが
軸としてありますが
その素材が美味しいから、
何故か自然に手が伸び選んでいるというのが
心の中でストンと納得する理由です。

何かを生み出す行為は、食べ物の分野だけにかかわらず、
かなりのエネルギーを要する事だと思います。


なんとなく、感じる
その良いエネルギーを受け取り、
選択している事に自信を持ってみようと想う
今日この頃です。











2 件のコメント:

mika shibazaki さんのコメント...

「心の中でストンと納得する理由です」って一文が凄く共感出来ました。

自分が必要なものって、無理に選ぼうとしなくても勝手に選んでるものなんですよね。

自分の心と身体がリンクしてるからそうなる気がします。
自分に優しい気持ちで向き合えるようになると気づけるのかな?
お引越しが素敵な転機になったのかもしれないですね^^

夏椿 さんのコメント...

shibazakimika様。コメントありがとうございます。
考えてみると生きる事は小さな選択の連続ですね。
shibazaki様のおっしゃるように、
必要な答えは本当は自分の中にあるのだなと
改めて感じます。心の目を曇らせないように、
今の自分を導いている様々な存在に感謝と
変化する事への勇気を持ち続けたいなと思います。
こうして、shibazaki様というお客様に出会えましたのも一歩踏み出す勇気が運んでくれたギフトのように感じております^^